ベビーチェアすくすくチェアプラス(ガード付き)を使ってみた!

離乳食が始まったころ、子供にぴったりの椅子はないものか?と頭を悩ませていました。

初めての子育てだったので、たくさんある商品から何を選んだらよいのかさっぱりでした。

座卓ではなくダイニングテーブルでしたので、最初はテーブルに取り付けられるタイプのものを購入しました。

布製なので、汚れるたびに、取り外し洗濯するのがとても大変でした。

次にお手頃価格のハイチェアを購入しました。

安全ベルトを腰に巻き付けると、姿勢が安定せずでした。

そこで、購入するにあたって、姿勢よく食事できる事、
安全であること。お手入れが簡単で衛生的であること。

この悩みが解決できるベビーチェアを探しており、すくすくチェアプラスを購入してみました。

すくすくチェアプラス(ガード付き)を購入した理由

すくすくチェアプラスを買おうと思ったのはずばり、ママ友からの口コミです。

とても良いと評判で、ネットで検索しました。

実際に座らせてみないと分からないと思い、実物を販売しているインテリアショップに足を運びました。

インテリアを邪魔しないナチュラルなデザインが気に入りました。

ベビーチェアすくすくチェアプラス(ガード付き)を使ってみた!

なにより子どもの体にフィットし、椅子に腰かけると背筋がスッと伸びこれは良いと実感しました。

足置き板があるので食事中に足をぶらぶらさせることもないですし、

安全ガードもついているので安心して使用できると思いました。

すくすくチェアは椅子が倒れにくい設計なので安全面も高まった

座り心地がよいのか、食事中に椅子から立ち上がる回数が減り、
集中して食事をとることが出来るようになりました。

以前使用していたハイチェアは、安定感があまりなかったので、
椅子から立ち上がると転倒の心配もありましたが、
すくすくチェアは椅子が倒れにくい設計になっているので、
安全面も高まりました。

また、テーブルの高さや、身体の成長に合わせて椅子の座面や足置き板の高さを調節できるので、
いつでも正しい姿勢で食事できるようになりました。

すくすくチェアプラスは床に面する脚部分が飛び出ている点に注意が必要

全体的に満足しているので、とくにデメリットや気になった点は少ないですが
しいてあげるならば、椅子の安定感を高めるために、
脚の床に面する部分が飛び出ている点ですね。

椅子をひいてもテーブルに収まらないので、時々足の指をぶつけ痛い思いをしたり、
子供は足をひっかけてこけそうになったことがあります。

椅子は届いてから自宅で組み立てるようになっています。

説明書を見ながらの作業です。
組み立て慣れていない女性だと少し時間がかかると思います。

すくすくチェアシリーズは大人になっても使用できる椅子

子ども用のハイチェアとしてベビー用品などのサイトでよく目にする商品ですが、
実は小学校、中学校までだけでなく大人になっても使用できる椅子です。

すくすくチェアシリーズには通常サイズの他にスリムサイズが販売されています。
大人も使うことを考えればすくすくチェアプラスの通常サイズを選んだ方が長く使えると思います。

また、椅子にはテーブルが附属タイプのものがあります。
ダイニングテーブルで使用するのであれば、1歳半を過ぎるころには、
附属テーブルの必要性は低いと思うので、それを見極めて購入されると良いと思います。

ベビーチェアすくすくチェアプラス(ガード付き)を使ってみた!まとめ

ハイチェアを選ぶポイントとして、足置き板があるものが良いと小児歯科の先生にアドバイスを受けました。

足がしっかり床につくことで、食べ物を噛むときにしっかり力が入るそうです。

その点でも足置き板があり、成長に合わせ細かく高さ調整できるすくすくチェアプラスは
とてもよいベビーチェアだと思います。

お値段は少しお高めですが、とても満足しています。

おすすめの記事