私は厚塗り感のあるメイクが苦手で、
リキッドファンデーションやBBクリームを使うと、
どうしても時間の経過とともによれがひどくなり、
肌が汚く見えてしまうのが嫌でした。

また肌質もどちらかというと弱く、摩擦をできるだけ
減らしたかったので、色々なアイテムを重ね塗りを
するのも避けたいと思っていました。

仕上がりもナチュラルなほうが好きなので、
素肌感があり、でもきちんと肌悩みをカバーできているもの、
そして紫外線も完璧にブロックできるものが欲しかったのです。

ピコモンテのCCクリームはくすみを飛ばしたい私の肌にうってつけ!

CCクリームというものを使ったことがなくて、
BBクリームとの違いがよく分からなかったのですが、
シミを隠すよりもくすみを飛ばしたい方向けという記述があり、
まさに私の肌向けだなと感じました。

美容雑誌にも度々紹介されている商品のようだったし、
口コミ評価もかなり高かったことも決め手でした。

お肌に刺激となる成分が一切カットされているところ、
保湿効果もかなり高いという点も乾燥に悩む私にはぴったりだと思いました。

ピコモンテのプレミアムCCクリームを使ってからは化粧直しをする必要もなくなった

このピコモンテのプレミアムCCクリームを使ってからは
とにかく肌がとても白く、明るく、綺麗に見えます。

このCCクリームを塗ってフェイスパウダーで仕上げるだけですが、
素肌っぽいのにちゃんとメイクをしている肌に見えるし、
毛穴も隠せます。

何より時間が経ってから鏡を見た時に、肌が汚くなっていることが
なくなり、ティッシュペーパーで皮脂を少し軽く押さえるだけで
メイク直しも必要ありません。

一日肌が突っ張ることもなく、保湿効果もきちんと保たれている
ようで一年を通して使えます。夏場の旅行も日焼けせずに済みました。

ピコモンテのプレミアムCCクリームのデメリットは量の加減調整が難しい

チューブタイプの商品なのですが、量の加減がちょっと難しく感じますね。
ブリッと出してしまうとかなりの量が出るため、もったいないです。

自分の顔の適量を探って、慣れるまでは少しづつ出した方が良いと思います。

私も最初は驚いたのですがこのCCクリームは真っ白というかグレー色で、
こんな色味のものを肌に塗って大丈夫かなとおっかなびっくりだったのですが、
なぜか肌の上に乗せると肌の色に変わります。

ただ時々爪で引っかいたりするとピンクというか赤色が出現することがあり、
びっくりすることがあります。

CCクリームを塗った後は1分ほど置いてから伸ばすと顔全体が綺麗に

私はオールインワンゲルをスキンケアで使用していますが、
このゲルがあまり乾かないうちにつけるとCCクリームも
滑る感じになり、また完全に肌が乾いてしまってからつけると、
伸びが悪くなってしまって何度もクリームを足さなければ
なりません。

なので、スキンケアをした後約1分ほど他の作業をしてから、
乾ききらないうちにCCクリームを伸ばすと少しの量で
綺麗に顔全体につけられます。

そのままだと少しテカリが気になるので、ルースパウダーで
仕上げると綺麗になります。

ピコモンテのプレミアムCCクリームまとめ

敏感肌や乾燥肌の方は顔に何度も触れるのはトラブルの元なので、
機能性コスメがお勧めです。

濃いシミなどがないのであれば、BBクリームよりもCCクリームの方
が合っていると思います。

紫外線もきちんとブロックできるので薄化粧が好きな方にもお勧めです。

おすすめの記事