私はハードコンタクト歴が長く、洗浄液は毎日使う消耗品です。

ハードコンタクトレンズはただ洗うだけではたんぱく質が
こびりついて、レンズが曇ってきてしまう為、タンパク除去剤も必要です。

これらが一つになった洗浄液はお手入れがとても楽なのですが、
ドラッグストアで買うとそこそこするのです。

そして気が付くと洗浄液が残り少なくなっていて、
うっかり切らしてしまうこともあって、買いに行かなくては
と焦ることもしばしばでした。

一本あたりが安ければまとめてストックしておきたかったのです。

富士コンタクトのアイミー ワンオーケアを購入してみた

最初はこのメーカーの洗浄液は使ったことがなかったのですが、
中身の成分を見ると普段ドラッグストアで買うメーカーと
何ら変わらないことが分かりました。

そして、実際に外で買うよりもはるかに安く、一年はゆうに持つこと、
加えてコンタクトレンズのケースがおまけで付いてくるのが
魅力的でした。

ケースのみでもだいたい相場では500円はするので、
目に入れるものだし衛生的なことも考えると、
定期的にレンズケースも買い替えたかったからです。

旅行に行く時などにもストックがあるので買いに行かなくても済み便利

洗浄液をうっかりと切らしてしまって、
洗わないまま我慢して装着をしたり、
慌てて高い洗浄液を買う羽目になることが
無くなりました。

ドラッグストアで買っていた時は出来るだけ安いものを
探していましたが、こちらのサイトでまとめ買いをすると
一本当たりの単価が驚くほど安く抑えられます。

洗面台の下に常にストックが出来るようになったので、
安心して毎日消費できます。

旅行に行く時などにもストックがあるので買いに
行かなくても済み便利です。

いったん買えば一年もつので長い目で見れば安い

一年分のまとめ買い以外にももう少し本数を減らした
セットもありますが、やはり、一本当たりの単価が
最も安くなるのはこのセットになります。

金欠の時などはコンタクトレンズの洗浄液に約五千円かと思うと、
少しばかり躊躇しますが、いったん買えば一年もつので長い目で
見れば損はありません。

たまに消費期限が短いものが数本入っていることもありますが、
短いものから先に使うように気を付ければ問題ありません。
日付はきちんとチェックすべきです。

ハードコンタクトレンズケースも定期的に取り換えられる

こちらのショップでは一年分十二本が一番お得なセットになり、
おまけとしてさらに洗浄液が一本付いたり
ハードコンタクトケースが付いてきたりするので、
希望に合わせて選べるようになっています。

純粋に洗浄液だけにすればさらに単価は下がりますが、
ハードコンタクトレンズケースも徐々に劣化していくので、
やはり定期的に取り換えた方がいいようです。

こちらのレンズケースは左右の間の間仕切りがないので、
一方の注ぎ口から洗浄液をいっぱいになるまで入れると良いので使いやすいです。

ハードコンタクト洗浄液アイミーワンオーケアまとめ

毎日使用する消耗品である洗浄液は安いところでまとめ買いするのが
一番賢いのではないでしょうか。

コンタクトレンズは直接目の中に入れるものなので、
衛生面を第一に考えて、洗浄液は毎日取りかえる事、
ケースも定期的に新調するのがベストです。

おすすめの記事