年末年始だと予定が立て込むため、
10月はじまりの手帳でデザインが変わらないものは
ないかと探し回っていたところ、DELFONICSの手帳に
辿りつきました。

かれこれ、使いはじめて14冊目になります。

購入して良かった点は、年間行事がたてやすいことと、
月間・週間の予定も書き込めるところです。

また、オートマチック開閉スタイル
(切手のように点線がついており、
直ぐに開きたい方は切り離すことで、
瞬時にページを開閉することも可能)
もついているため、会議の時に大変役立っています。

DELFONICS(デルフォニックス)の手帳は厚さも紙質も良く使いやすい

DELFONICS(デルフォニックス)の手帳は厚さも紙質も良く使いやすい

10月はじまりの手帳ですが、早い店舗では
8月下旬頃から販売が始まります。
そのため、売り出されたら真っ先に購入しています。

試しに他の有名な手帳も使ってみましたが、
重い割には内容が充実しておらず、
紙質は悪いもので、水性ペンやボールペンが
にじむものでした。

やはり、普段使い慣れた手帳の方が
手帳の厚さも紙質も良いだったため、
DELFONICS(デルフォニックス)の手帳を使うようにしています。

大きさは3タイプあるようですが、
私はA6サイズを毎年購入しています。

DELFONICS(デルフォニックス)の手帳を購入してから予定が立てやすくなった

DELFONICS(デルフォニックス)の手帳を購入したことで、
予定を立てやすくなりました。

また、旅行に行った時のスタンプやおみくじなども
貼っているため、旅の思い出にもなっています。

その時、どこに行き、何をしたのか。
会議以外にどのようなひと時を楽しんだのかを知ることが
出来るので、たまに引っ張り出しては、思い出に浸ることもあります。

もっと楽しい手帳の使い方があると思いますが、
それは今後の課題として、自分にとって一番楽しい、
解りやすい手帳として使っていきたいと考えています。

DELFONICS(デルフォニックス)の手帳の見本の色とイメージが異なるので注意!

DELFONICS(デルフォニックス)の手帳購入時に
商品見本の色とイメージしていた色が異なっていた時がありました。

その時、お店側に相談した所、送料はかかってしまいましたが、
交換をお願いすることが可能できました。

カタカナで記されているカラーはどんな色なのかイメージすることは
少々難しい場合があるので、注文する場合は注意が必要かもしれません。

また、参照URLの店舗は簡易包装(フィルムと痛まないように
発泡材で包んで届けてくれます)で届けてくれるお店なのですが、
簡易包装が嫌な方は購入に向いてないでしょう。

DELFONICS(デルフォニックス)の手帳のビニールカバーは
線引き、色分け、シールなどを使って予定を忘れないように
使うと楽しい手帳になります。

また、長く使っていると、表紙のビニールカバーがすれて破けてくるので、
丁寧に扱って下さい。
特に乱暴に扱うと、背表紙が破けてきます。

ビニールカバーにはコピーした印刷物や写真、プリクラなどを
入れておくとインクやトナーが写り込んで取れなくなってしまいます。
ですから、特に大切なものはビニール面に接しないように入れるように
注意して下さい。(名刺や写真系は注意した方が良いです。)

DELFONICS(デルフォニックス)の10月はじまり手帳まとめ

DELFONICSの手帳は10月はじまり手帳の他に
3月はじまりの手帳もあります。
自分の季節のニーズに合わせて購入すると良いでしょう。

それぞれビニールカバーがついており、
ビジネス用にシンプル設計なつくりになっています。

人それぞれ予定は異なるので、使い勝手良く工夫して
使いこなしてみて下さい。

「こう使った方がいい」というのではなく、
あなたなりの使いやすさがきっとあるはずです。

文房具屋さんに行った際は、是非一度どんなものか手にとってご覧下さい。

おすすめの記事