お風呂場での石鹸の置き場所にストレスがありました。

我が家の浴室の構造上、置き場所にも限りがあり、
ステンレスの収納ラックの石鹸置き場に置いていたのですが、
石鹸カスや、ぬるつきは毎回発生し、水と乾いた石鹸が糊のようになり、
使う度に置いたスペースにくっついてしまい、非常にストレスでした。

その為、どこかに「置く」事では無いことと
浴室掃除の際に、石鹸置き場の掃除自体を短縮できる商品を探していました。

ダルトン(DULTON)のソープホルダーは石鹸を浮かす画期的な商品

ダルトン(DULTON)のソープホルダーはなんといっても
壁にくっつけて、石鹸を浮かすという画期的な発想の商品でした。

これであれば、石鹸を置いた為に発生する汚れの掃除をしなくても良いと思いました。

デザインもシンプルで、初めは使いやすいのかな?と思いまいたが、
いろいろな方のブログやレビューを見て下調べをしました。

ちょうどその時、義実家がお風呂で使っているのを知り、
実際に泊まりに行った際に使いやすさを実感したのが一番大きい理由です。
これはもう買うしかないな、と思い購入しました。

入浴時に石鹸を使うときも汚れているなぁと思うストレスから解放された

ダルトン(DULTON)のソープホルダーを使用しだしてからは
石鹸周りの掃除を一切しなくなり、掃除の手間が大幅に短縮されました。

その分浴室の違う箇所の掃除が出来、非常に効率が良くなり嬉しい限りです。

入浴時に石鹸を使うときも今まではくっついた石鹸を手に取り、
汚れているなぁと思うストレスが毎回あったのですが、
これに変えてからというもの、磁石(マグネット)になっているので、
ただ本体と石鹸に埋め込んだ磁石(マグネット)部分を取るだけです。

ダルトン(DULTON)のソープホルダー

本当に便利で快適になりました。

使い終わった後も磁石(マグネット)に石鹸をくっつけるだけです。

石鹸に埋め込む金属の部分がギザギザしているのでその部分が表面に出てこないか少し心配

石鹸が当然段々と小さくなってくるので、石鹸に埋め込む金属の部分がギザギザしているので、
その部分が表面に出てこないか、少し心配だな、と思います。

子供も自分で手に取れる場所に設置しているので、気を付けなければいけないと思います。

また、埋め込みが甘いと、使っている途中にぽろっと取れてしまったりが何度かありますが、
最初に強く押し込めば、最後まで取れてくる事はありません。

元々の石鹸の柔らかさによるのかもしれません。

吸盤タイプなので浴室の壁がザラザラや凸凹していると落ちやすいかも

ダルトン(DULTON)のソープホルダーでお掃除が劇的に変わった!

ご自身の家の浴室の壁の材質が、ホルダーがくっつくかをご確認いただいた方が良いと思いますが、
鏡にくっつくのでどの家庭でもだいたいは使えると思います。

ただ、作りとしては、壁に吸盤でくっつけて浮かす商品になるので、
浴室の壁がザラザラや凸凹していると適していないかもしれません。

我が家の浴室の壁も触ると若干ザラザラしており、不安はあったのですが、
百均などで売っている吸盤の為の大きなシールを購入し、
壁に貼りそこに吸盤を張り付けていますが、一度も本体が落ちてきたことはありません。

ダルトン(DULTON)のソープホルダー使ってみたまとめ

石鹸の収納や、石鹸周りのお掃除にお悩みの方には是非使っていただきたい商品だと思います。

実際私がそうだったように、掃除の手間が劇的に減ります。

石鹸も水で溶ける事なくキレイなからっとした状態で使えます。

浴室だけでなく、キッチンシンクでもお使いいただけると思います。

おすすめの記事